茨城国体 テニス、三重県勢コンビ制覇 サッカー女子は2連覇

監督=茨城・神栖海浜庭球場で】

第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」第5日は2日、茨城県神栖市などで開かれ、テニス成年男子は、関口周一(県体育協会)、島袋将(早稲田大)=四日市工高出=がコンビを組んだ三重県選抜が決勝で愛媛選抜を破った。県勢の同種別制覇は7年ぶり4度目。

なでしこリーグの伊賀FCくノ一の選手らで構成するサッカー女子は決勝で、地元茨城と1―1からのPK戦に勝ち、2年連続4回目の女王の座へ。この日はセーリング成年女子レーザーラジアル級の多田桃子(三重トヨタ自動車)も頂点に立ち、県勢の優勝ラッシュとなった。
【三重県勢として7年ぶり4度目の国体優勝を果たして喜ぶテニス成年男子の(右から)島袋、関口両選手、徳丸