開発コン大阪大会で最優秀 鳥羽商船の学生チーム 三重

【「HackU」大阪大会で最優秀賞に選ばれたチーム「A leak biz」の生徒ら=鳥羽市の鳥羽商船高専で】

【鳥羽】鳥羽商船高専(三重県鳥羽市池上町)の学生チーム「A leak biz(アリークビズ)」がこのほど、学生を対象とした開発コンテスト「Hack U(ハックユー)」(ヤフージャパン主催)の大阪大会で最優秀賞を獲得した。

同コンテストは学生を対象に限られた期間内に自由な発想で企画、開発、発表した内容を競う。大阪や名古屋など各地区大会があり、同チームは9月3日に関西大学梅田キャンパスで開かれた大阪大会で、出場33チームの中から最優秀賞に選ばれた。

受賞作品の「落とすな時計」は、映画「ハリーポッターシリーズ」の魔法の砂時計から着想を得た「楽しい時間を長くする」装置。プレゼンなど会話の内容や聞き手の笑い声の大きさなどから「興味深さ」を判断し、興味深いと判断されれば砂が落ちる速度が遅く、そうでなければ砂の落ちる速度が速くなるという。

チームは4年生から専攻1年までの学生6人で結成。約2週間の期間内で夏休みを返上して開発を進めた。12月には東京で社会人を交えた全国大会に出場するといい、代表の生産システム工学専攻1年、佐伯元規さん(21)は「支えてくれたメンバーに感謝したい。全国でも優勝したい」と喜びを語った。