近大高専が初優勝、秋の高校野球三重大会

来年春の選抜高校野球大会につながる第72回秋季東海地区高校野球県大会は最終日の28日、県営松阪球場で決勝があり、近大高専が2―0で津商を下して初優勝した。決勝に先立ち行われた3位決定戦は、三重が3―0で松阪商を下した。

近大高専と津商、三重は、センバツ出場校選考の重要な資料になる東海大会(10月26日開幕・岐阜県長良川球場など)に出場する。

東海大会の組み合わせ抽選会は10月15日、名古屋市内で行われる。