豚コレラ ワクチン推奨、三重など9県 精肉、地域外流通認める

農林水産省は27日に開いた豚コレラ対策の有識者会議と防疫対策本会合で、豚へのワクチンを接種する「推奨地域」に三重など9県を選定すると確認した。接種に伴う豚の流通制限は生体などに限り、精肉については事実上、地域外への流通を認める。県は豚への接種に向け、対象の区域や頭数をまとめた「接種プログラム」を策定する方針。

「推奨地域」に選定されたのは、飼養豚と野生イノシシの双方で感染が確認された三重、愛知、岐阜、長野、福井、埼玉の6県と、野生イノシシでの感染が見つかった石川、富山、滋賀の3県。

農水省は同日、ワクチン接種に向けた防疫指針の改定案を有識者会議に提示。改定案は接種の地域を「野生イノシシからの感染リスクが高い地域について専門家の意見を踏まえて設定する」とした。

県内の畜産関係者から懸念の声が上がっていた流通制限は、原則として生きた豚や受精卵などに限り、精肉や加工品は地域外への流通を事実上認めている。農家の経営に与える影響に考慮したとみられる。

農水省は都道府県知事の意見聴取やパブリックコメント(意見公募)などを経て指針を改定する方針。期限切れが迫るワクチンを先行して活用するため、今後2カ月以内の接種を目指しているという。

「推奨地域」となった都道府県は、接種する地域や頭数、必要なワクチンの量などを盛り込んだ「ワクチン接種プログラム」を作成し、農水省の確認を受けた上で知事が最終的に接種を判断する。

鈴木英敬知事は「推奨地域」の選定を受けて「国の確認が得られれば、知事命令によるワクチン接種が可能となる。手続きの詳細を確認し、即座に対応できるよう準備を加速させる」とのコメントを出した。

地域外への流通を認める方針については「畜産関係者の思いを受けた極めて大きな決断」と評価する一方で「生体の流通は制限される予定。関係者の影響を最小限にとどめる仕組みを構築したい」とした。