三重県知事、地方創成本部長に 全国知事会 「持続可能な未来を」

鈴木英敬三重県知事は27日付で、全国知事会の地方創生対策本部長と情報化推進プロジェクトチーム副リーダーに就任した。危機管理・防災特別委員長は退任し、東日本大震災復興協力本部副本部長は続投する。

新たに地方創生対策本部長に就任した鈴木知事は「地方創生を真の意味で新たな次元に押し上げ、誰一人として取り残さない持続可能な地域の未来を実現できるよう、誠心誠意取り組む」とコメントした。

鈴木知事は平成28年10月、危機管理・防災特別委員長に就任。今年8月1日には、災害の死者、安否不明者の氏名公表について、全国統一の基準を策定するよう求める提言書を国に提出した。