来月の「津まつり」概要発表 前夜祭に女優、門山さん出演 三重

【津まつりの前夜祭に出演する門山葉子さん(津市提供)】

【津】三重県の前葉泰幸津市長は24日の定例記者会見で、10月12、13両日に市中心部で開催する「津まつり」の概要を発表した。平成元年に納めたタイムカプセルを開封するほか、11日の前夜祭に市出身の女優、門山葉子さん(25)が出演する。前葉市長は「令和最初の祭りで、古いものと後から加わったものが融合した祭り。街中で生まれ育った思い出があるので楽しみにしている」と述べた。

津まつりは約380年の歴史がある伝統行事で、伝統芸能とよさこいが呼び物となっている。今年のよさこいには県内外から65チーム、約3900人が参加。和船山車「安濃津丸」の一日船長は南伊勢町出身のタレント磯野貴理子さん(55)が務める。

前夜祭に出演する門山さんは昨年、ミュージカル「陰陽師」で舞台デビュー。公開中のディズニー映画「ライオン・キング」の吹き替え版では、主人公シンバの幼なじみで雌ライオン・ナラの声を担当した。市によると、門山さん本人の希望で出演が決まった。

タイムカプセルは平成元年に旧津市の市制施行百周年記念事業の一環として、お城西公園の時計塔の足元に格納された。当時、市内に住んでいた228人の手紙が入っている。12日午前10時―同11時に開封し、納めてあった手紙を対象者に手渡す。