地元から世界王者を 伊勢小俣町商工会青年部 女子高生キックボクサー応援 三重

【キックボクシングで世界王者を目指すAyakaさん=大阪府泉大津市のテクスピア大阪で】

伊勢市小俣町から世界王者の誕生を―。三重県の伊勢小俣町商工会青年部(上田澄人部長)は同町のキックボクシングジム「健心塾」に所属し、女子高生キックボクサーとして活躍するAyakaさん(18)を応援しようと、インターネット上で資金を募る「クラウドファンディング(CF)」を活用することにし、24日から募集を開始した。集めたお金はAyakaさんのタイへの武者修行費用などに充て、世界チャンピオンへの道のりを後押しする。

Ayaka(本名・原谷彩香)さんは県立久居高3年生。昨年4月にプロデビューし、現在ミネルヴァ級日本ランキング2位まで上り詰めた逸材。学校が終わると健心塾に通い、さらなる高みを目指して日々トレーニングに励んでいる。

そんなAyakaさんを地域としてサポートしようと、商工会青年部が応援プロジェクトを立ち上げた。ただ、選手の育成や試合の遠征などには多くの費用がかかる。そこでネット上で幅広い支援が得られるCFに注目し、資金を募ることにした。

目標金額は50万円。まずはAyakaさんが来年春の高校卒業後、世界へ挑戦する足がかりとして、キックボクシングの本場・タイへ武者修行に出る費用などに充てる。支援者には金額に応じて直筆メッセージやオリジナルタオル、日本タイトルマッチ観戦チケットなどを贈る。

プロジェクトを立ち上げた商工会青年部の上田部長は「小さいまちの、小さいジムでは世界チャンピオンを育てられないのではと言われるかもしれないが、地域の子どもたちに夢と希望を持ってもらうためにも、ぜひ多くの皆さんの温かい支援をお願いしたい」と呼びかけている。

Ayakaさんへの応援はCFのサイト・キャンプファイア=https://camp-fire.jp=で受け付けている。