伊勢 全国の招き猫〝集結〟 おかげ横丁でまつり 三重

【創作招き猫作家らのユニークな作品が並ぶ会場=伊勢市宇治中之切町のおかげ横丁で】

【伊勢】全国から個性豊かな招き猫を集めた「来る福招き猫まつり」が、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮前のおかげ横丁で開かれている。29日まで。

「来る福」にちなんだ9月29日の招き猫の記念日に合わせた恒例の催し。期間中、約3万体の招き猫が並ぶ。

大黒ホールで開かれている「招き猫現代作家展」は、全国の11人の作家が手がけたユニークな創作招き猫を展示販売。羊毛フェルトを使って猫の毛の風合いを表現した作品、「令和」にちなんだデザインや人間の仕草を模した招き猫、猫をモチーフにした立体造形や工芸、絵画など多彩な作品が来場者を楽しませている。特設会場などでは、張り子の招き猫の絵付け体験や作家の実演、全国各地で作り継がれている伝統的な招き猫の展示販売もある。

29日午前9時29分から、福を招く縁起物「吉兆招福鈴」を929人に配布する。

問い合わせは同横丁=電話0596(23)8838=へ。