豚コレラ 野生イノシシ、いなべで新たに2頭感染 三重県内8頭に

三重県は18日、いなべ市で見つかった野生イノシシ1頭が豚コレラに感染していたと発表した。17日にも野生イノシシの感染が確認されており、県内で感染確認は8頭となった。

県によると、1頭は10日、同市北勢町の林地と農地の間付近で地元猟友会が捕獲し、17日に陽性反応が出た。もう1頭は15日に同市藤原町の国道365号近くの林で捕獲され、18日に感染が確認された。

2頭の捕獲地点から半径10キロ圏内に養豚農場はなく、新たな監視対象農場の設定はない。県によると、監視対象農場となっている7農場で今のところ豚に異常は確認されていない。