松阪 さわ餅を老人ホームへ クラギ、敬老の日に寄贈 三重

【中村次長(右)からさわ餅を受け取る田上会長=松阪市鎌田町で】

【松阪】「農業屋」を展開するクラギ(竹内秀樹社長、三重県松阪市川井町)は17日、敬老の日(16日)に合わせ同市殿町の同市社会福祉協議会松阪支所に5個入りさわ餅43袋を贈呈した。

寄贈は26年目となる。同協議会を通じ老人ホームやケアハウスなど6施設にプレゼントする。

同社は毎年、さわ餅の他、7月に渥美産メロン、12月に田舎あられを贈っている。

中村篤史管理部次長は「季節の変わり目。甘いさわ餅で体を癒やしてほしい」とあいさつ。同協議会の田上勝典会長は「心待ちにしている方もいる」と感謝した。