名張の男性 200万円詐取被害 三重

【名張】三重県の名張署は17日、名張市の80歳代の男性が現金200万円をだまし取られる詐欺被害に遭ったと発表した。

同署によると、男性宅に12日から13日にかけ、息子をかたる男から電話があり「会社の金に手を付け、弁償しなければいけない。今、東京にいる」などと語った。

男性は男の指示に従い、東京都品川区の路上で、弁護士事務所の手伝いをかたる女に金を手渡したという。その後、男と連絡が取れなくなったことを不審に思い、都内の交番に行ったことで詐欺が発覚した。