三重県知事 大雨被害の菰野町視察 町長、復旧支援求める

【音羽橋が崩落した現場を視察する鈴木知事=菰野町千草で】

鈴木英敬三重県知事は12日、6日未明の記録的な大雨で大きな被害が出た菰野町内の2カ所を視察し、橋が落ちた場所や崩落護岸の対応状況を確認した。柴田孝之町長から早期復旧へ支援を求められ、「全力で取り組みたい」と応じた。

同町千草の海蔵川に架かっていた音羽橋(長さ4・2メートル、幅4・0メートル)が落下した現場では、柴田町長や町職員から当時の雨量や復旧状況について説明を受けた。

同町杉谷の杉谷川の崩落した護岸では、県四日市建設事務所の職員に復旧の完了見込みやスケジュールを尋ね、地元住民から過去の災害発生状況を聞いた。護岸に建っていた地元の祭りの衣装や小道具を保管する倉庫は倒壊した。

鈴木知事は視察後、報道陣に「記録的な短時間での豪雨で被害が出たところをハード面もソフト面もいま一度検証し、次の備えにしっかり生かしていくことが大事だとあらためて感じた」と語った。