車衝突で信号機折れる 鈴鹿の国道23号 男性軽傷、一時通行止め 三重

【事故車両が衝突し、根元から折れた信号柱=鈴鹿市寺家七丁目の国道23号交差点で】

【鈴鹿】11日午後1時半ごろ、三重県鈴鹿市寺家七丁目の国道23号交差点で、右折中の軽乗用車と対向車線を走る直進中の乗用車が衝突した。弾かれた乗用車が信号柱にぶつかって柱は根元から折れ、国道23号上り線の道をふさいだ。この事故で、事故の起きた交差点から約200メートル区間が2時間40分通行止めとなった。

鈴鹿署によると、乗用車を運転していた男性が軽傷。事故原因を調べている。