求人サイト、三重県が開設 県内企業情報紹介 移住者増へ、来月にも

【マッチングサイトへの掲載を呼び掛けるチラシ=三重県庁で】

三重県内への移住者を増やそうと、県は10月にも、県内企業の求人情報を紹介するマッチングサイトを開設する。東京圏をはじめ、県外の若者に県内での就職を促すことで、転出者が転入者を上回る「転出超過」の状況を食い止めたい考え。サイトを通じて就職した若者に支援金を送る事業も合わせて実施する。県は「多くの人に県内企業の魅力を知ってもらい、移住につなげたい」としている。

国が東京一極集中の是正などを目的に立ち上げた事業の一環。国は移住を促進するマッチングサイトの開設を全国の都道府県に呼び掛けており、県も転出超過対策として効果があると見込んで開設を決めた。

サイトの掲載は無料。求人広告のほか、事業紹介を紹介するページを設けることもできる。県は掲載を予定する企業を対象として、興味を持ってもらいやすい求人広告を作るセミナーの開催も予定している。

県内に就業地があり、週に20時間以上の無期雇用で求人広告を掲載する企業に掲載を限定する。中小企業への就職を促すため、資本金が10億円以上の法人や「みなし大企業」などは掲載の対象外とした。

また、若者の県内就職を後押ししようと、サイトの求人広告をきっかけに東京圏から就職した人に、支援金を送る事業も合わせて実施する。単身での移住に60万円、2人以上での移住に100万円を送る。

県は開設時に200社の掲載を目指し、最終的には400―500社を掲載したい考え。本年度予算では、サイトの開設費に約900万円、支援金に1千万円を計上していた。いずれも国が半額を補助する。

雇用対策課は「多くの人に県内の企業に就職してもらえるよう、掲載する企業を増やして魅力のあるサイトにしたい。東京圏の若者などにサイトを見てもらえるよう、アピールにも努めたい」としている。

掲載の申し込みは、申請書に役員の一覧や納税確認書などを添付し、県庁に郵送する。県の審査を経て掲載の可否が決まる。問い合わせは県雇用対策課=電話059(224)2465=へ。