県津庁舎食堂の売り上げ着服容疑 元三重給食センター社員を逮捕

【津】県津庁舎の食堂の売上金を着服したとして、津署は9日、業務上横領の疑いで、津市八町、元三重給食センター社員で警備員藪内邦夫容疑者(62)を逮捕した。

逮捕容疑は、昨年7月17日から8月3日までの間、県津庁舎の食堂の責任者として売上金を管理し、約50万3千円を着服した疑い。「小銭は持ち逃げしたが、紙幣は盗まれた」と容疑を一部否認している。

同署によると、藪内容疑者は昨年8月3日を最後に出勤しなくなり、三重給食センターが同署に被害を相談していた。藪内容疑者は昨年4月から食堂の責任者を務め、売上金を唯一管理できたという。