川越町職員、詐欺容疑で逮捕 他人のカードでカメラ買う 三重

【三重郡】他人名義のクレジットカードを使い、店から商品をだまし取ったとして、四日市北署は9日、詐欺の疑いで、川越町豊田、町総務課主事・水谷和政容疑者(26)を逮捕した。「他人になりすまし、だまし取ったことに間違いない」と容疑を認めている。

逮捕容疑は7月8日午後8時50分ごろ、名古屋市中村区の家電量販店で、不正に入手した他人名義のクレジットカードを使い、店からデジタルカメラ1台(販売価格約32万円)をだまし取った疑い。

同署によると、カードをだまし取られた40歳代の男性が署に相談し、店の防犯カメラの映像などから水谷容疑者が浮上した。

職員の逮捕を受け、城田政幸町長は「あってはならないことであり、誠に遺憾。町民の信頼回復に努めると共に全力で町政に取り組む」とコメントした。