台風15号、土砂災害に警戒を 三重県内きょう最接近

強い台風15号は8日夕方から9日未明にかけ、三重県に最接近すると予想されている。雲域が小さいため、急激に風雨が強くなるのが特徴。県内では4―6日の記録的な大雨で地盤が緩んでいる地域があるため、津地方気象台は特に土砂災害への警戒を呼びかけている。

気象台によると、台風15号は7日午後3時現在、父島の北東約140キロの地点にあり、時速約35キロの速さで北西に進んでいる。勢力を保ったまま県に接近し、8日にかけて予想される1時間降水量は多いところで30ミリの激しい雨となる見込み。

中心気圧は970ヘクトパスカル、最大風速は屋根瓦などが飛散する規模の35メートル。海上では同日昼すぎから風が強まり、高波への注意が必要。局地的に激しい雨となる恐れもあり、気象台は土砂災害のほか、低い土地への浸水や河川の増水・氾濫などへの警戒も呼びかけている。