台風15号、あすにも最接近 県内、土砂災害の恐れ警戒 三重

台風15号は8日から9日にかけて三重県内に最接近し、大荒れの天気が予想されている。4日から降り続く記録的な大雨で地盤が緩んでいる地域では土砂災害の恐れもあり、津地方気象台は注意を呼び掛けている。

気象台によると、台風15号は6日午後3時現在、南鳥島の近海を時速35キロで北西に進んでいる。中心気圧は996ヘクトパスカル、最大風速は25メートル。暴風域を伴いながら東海地方に接近する恐れがある。

台風接近前から暖かく湿った空気が流れ込み、7日昼過ぎから山沿いなどで1時間に30ミリの激しい雨が降る見込み。同日午後6時までの24時間降水量は北中部60ミリ、南部100ミリと予想されている。