記録的大雨、菰野町で落橋 いなべでは土砂崩落 一時「警戒レベル5」も 三重

【川が増水し、崩れ落ちた橋=菰野町千草で】

三重県内では北部を中心に5日夜から6日にかけて、前日に続いて記録的な大雨が降った。菰野町は一時、5段階の警戒度で最も高い「レベル5」を出した。

菰野町千草地区では、海蔵川に架かる音羽橋(長さ4・2メートル、幅4メートル)が落ちたほか、川北地区では海蔵川の護岸道路が陥没するなどの被害があった。

橋の近くに住む金津香さん(51)は事務所兼自宅が床上浸水し、徹夜で片付けに追われた。「事務所は昨年の夏にリフォームしたばかりなのに」と語った。

いなべ市大安町石榑北では民家の裏山が崩れ、土砂が敷地内に流れ込んだ。同市では1時間の降水量が約120ミリに達し、記録的短時間大雨情報が出ていた。