誤答生徒に腕立て強要 県立高校男性教諭を訓告処分 三重県教委

授業で誤った解答をした生徒に腕立て伏せを強要したなどとして、三重県教委が鈴鹿亀山地区の県立高校で勤務する50代の男性教諭を文書による訓告処分としていたことが分かった。処分は9日付。

県教委によると、男性教諭は5月ごろから、授業で誤答した複数の生徒に机や椅子の上に立たせるようになった。6月には男子生徒に対し、間違えた数の10倍に当たる70回の腕立て伏せを強要した。

男子生徒の保護者が学校に抗議して発覚。教諭らが男子生徒宅を訪れて謝罪した。この後、男子生徒は6月中に3日ほど休んだという。学校は男性教諭を男子生徒が受ける授業の担当から外した。

男性教諭は県教委などの聞き取りに「自分の至らない行動で生徒や保護者に迷惑を掛けて申し訳ない」と謝罪。強要の目的について「問題を回答できないことの重さを認識させようとした」と話したという。

県教委教職員課は「生徒を机や椅子の上に立たせる行為や腕立て伏せの強要は指導の範囲を超え、体罰に当たると判断した。生徒に苦痛を与える行為で、あってはならないことだと考えている」としている。