伊賀の県道 ひき逃げか、男性重体 自転車で横断中 三重

【伊賀】24日午後6時45分ごろ、三重県伊賀市上野恵美須町の県道で、同市上野紺屋町、無職古川忠志さん(80)の自転車が横断中に車両にはねられた。古川さんは頭などを強く打って津市内の病院へ搬送され、意識不明の重体。伊賀署は重体ひき逃げ事件として、逃げた車両の行方を追っている。

同署によると、現場は見通しの良い片側一車線の直線。古川さんは横断歩道ではない所を渡っていた。近くに住む女性が物音に気づいて県道を見ると、古川さんと後部の一部がゆがんだ自転車が倒れていたという。