鍛え上げた肉体美披露 津でボディビル&フィットネス選手権 三重

【鍛え上げた筋肉美を披露する出場者=津市西丸之内の津リージョンプラザお城ホールで】

【津】三重県ボディビル・フィットネス連盟(田村憲久会長)が主催する「ボディビル&フィットネス選手権大会」(伊勢新聞社など協賛)が25日、津市西丸之内の津リージョンプラザであった。男女計8部門に15―65歳の58人が出場。県男子ボディビルの部では桑名ボディビル同好会の杉中一輝さん(20)が優勝した。

毎年実施する「男子ボディビル」「女子フィジーク」の県選手権に加え4県が持ち回りで開催する東海選手権などがあった。

出場選手は司会者のかけ声に合わせて正面、左右、背面と規定のポーズで鍛え上げた筋肉を披露。会場からは選手の番号で声援が送られたり「でかいぞ」などと声がかかった。

友人の応援に訪れた松阪市の自営業、宮木紀行さん(45)は「頑張らないとあの体にはならないので成果が見られるところが魅力」と感想を話した。

そのほかの優勝者は次の皆さん(県内選手分)。県男子新人=アマダ ジャン シャハギ(トレーニングジムKENKODO)▽同マスターズ50歳以上=平昌伸(熊野ボディビル同好会)▽同60歳以上=諸岡正(桑名ボディビル同好会)▽県女子フィジーク=平正巳(熊野ボディビル同好会)▽東海ミスボディフィットネス=服部順子