紀北町 車内で猟銃暴発、男性重傷 三重

【尾鷲】18日午後5時35分ごろ、三重県紀北町上里の県道に駐車していた軽トラック内で、松阪市の無職男性(63)が所有する猟銃(ライフル銃)の弾が、助手席に座っていた娘の夫で同市会社員男性(39)の右足のひざ下に当たる事故が起きた。娘の夫は重傷を負ったが命に別条はないという。

尾鷲署によると、男性は町から有害駆除の許可を受けており、サル駆除のため同5時半ごろ、上里小学校近くの山林に入り、1匹を駆除した。娘の夫は見学のため同行し、車内で待っていた。男性が駆除を終え、運転席に猟銃を置こうとした際、暴発したという。

男性は「私の責任です」と話しており、同署は業務上過失傷害の疑いを視野に入れて詳しい経緯を調べている。