伊勢・猿田彦神社 ちょうちん2000灯で彩る 佐瑠女神社で例祭宵祭 三重

【佐瑠女神社の例祭宵祭で点灯された約2千灯の奉納ちょうちん=伊勢市宇治浦田の猿田彦神社で】

【伊勢】三重県伊勢市宇治浦田の猿田彦神社(宇治土公貞尚宮司)の境内社「佐瑠女(さるめ)神社」で17日、例祭の宵祭が営まれた。全国から奉納されたちょうちん約2千灯が境内を彩る中、マジックショーや踊りなどの神賑行事が行われ、大勢の参拝者でにぎわった。

佐瑠女神社は技芸や神楽、鎮魂の祖神(おやがみ)として知られる「天宇受売命(あめのうずめのみこと)」を祭り、芸能人やスポーツ選手、技芸の上達を願う人らが全国から参拝に訪れている。

祭典後、特設舞台でイリュージョニストのHIROTOさんが女性を宙に浮かせ、参加者が引いたカードを当てるマジックを披露。フラダンスなども奉納された。

午後7時過ぎにHIROTOさんの合図でちょうちんが一斉に点灯し、境内を照らした。参拝者らは幻想的な光の前で記念撮影を楽しんでいた。