サッカー天皇杯 三重、PKで敗れる

サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催)第5日は14日、トランスコスモススタジアム長崎などで3回戦16試合が行われ、三重県代表で日本フットボールリーグ(JFL)のヴィアティン三重は2―2からのPK戦の末、J2のV・ファーレン長崎に敗れた。

ヴィアティンは2点を追う前半43分に塩谷仁、同アディショナルタイムに平信翔太が得点し、前半中に同点に追いついた。その後、両チーム追加点を挙げられないまま突入したPK戦で長崎は5人全員が決め、ヴィアティンは1人が失敗し、長崎がPK戦を5―4で制した。

16日の抽選で組み合わせが決まる4回戦は9月18日に実施。アジア・チャンピオンズリーグで勝ち残っている浦和と鹿島の試合は同25日に行う。