生命保険申し込みを電子化 三重銀、第三銀が今月下旬から

三十三フィナンシャルグループの三重銀行と第三銀行は15日、今月下旬から順次、生命保険商品の申し込み手続きを電子化すると発表した。ほぼ全ての保険申し込みがタブレット端末で完結できるようになる。

顧客の申込書記入負担軽減と、人生設計に合わせたきめこまやかなコンサルティング機能強化が目的。タブレット端末を活用してペーパーレス・印鑑レスを実現する。

従来は、生命保険の申込書類には数回の氏名、住所などの記入や押印が必要だったが、今後は電子サインで申し込みが完結するため、手続きにかかる時間は従来の3分の1程度に短縮される。

また申込書類を電子データで各保険会社と連携することで、保険契約成立までの時間もこれまでより短縮されるとしている。