台風10号、きょう最接近 猛烈な雨、高波など警戒 三重

【台風10号の影響で押し寄せる高波=尾鷲市で】

大型の台風10号は15日朝から昼にかけて三重県内に最接近するとみられ、雷を伴った非常に激しい雨が降ると予想されている。多いところで1時間に約80ミリの猛烈な雨が降る見込みで、津地方気象台は高波や土砂災害、低い土地への浸水、河川の氾濫などへの警戒を呼びかけている。

気象台によると、台風10号は14日午後3時現在、種子島の東南東の海上を1時間に約15キロの速さで北に進んでいる。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル。15日朝には九州、四国に接近した後、中国・近畿を縦断し、同日夜に日本海へ抜ける見込み。

県内では15日昼前から夜にかけて雨や風のピークとなる。同日午後6時までの24時間雨量は多いところで、北中部400ミリ、南部700ミリ。16日午後6時までの24時間雨量は北中部100―200ミリ、南部200―300ミリと予想されている。台風による総雨量は県南部の多いところで1000ミリを超える恐れがある。

15日にかけての予想最大風速は陸上18メートル、海上22メートル。波の高さは北中部4メートル、伊勢志摩の内海5メートル、南部の外海9メートルとなっている。16日にかけてうねりを伴う大しけとなる見込み。

台風の接近に伴い、JR東海は上り線で15日午前7時48分金沢発、下り線で午前9時48分名古屋発を最後に、特急列車「しらさぎ」を全区間運休する。特急列車「ワイドビュー南紀」は全区間終日運休。同日予定していた津市安濃町の花火大会と同市香良洲町の盆踊りは中止となった。