台風10号 三重県内あす最接近 きょう南部で非常に激しい雨

南から暖かく湿った空気が流れ込む影響で県内は14日、大気の状態が不安定となり、南部を中心に朝から非常に激しい雨が降る見込み。超大型の台風10号は15日朝、県内に最接近するとみられ、同日夜までが雨のピークとなる見通し。総雨量は多いところで、1000ミリを超える恐れもあり、気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の氾濫への警戒を呼びかけている。

津地方気象台によると、台風10号は13日午後3時現在、西日本の南の海上を北に向かって時速約20キロで進んでいる。中心の気圧は965ヘクトパスカルで、最大風速は30メートル。今後、勢力をやや強めながら県に接近する見通し。勢力を維持したままゆっくりと進むため、広い範囲で猛烈な雨が降ると予想されている。

14日午後6時までの24時間雨量は北中部で180ミリ、南部で300ミリの予想。15日はさらに雨が強まり、同日午後0時までの24時間雨量は北中部で200から300ミリ、南部で300から500ミリとなる見込み。

一方、14日は強い風が吹き、海上ではうねりを伴う大しけになるとみられる。同日から大潮の期間に入るため、気象台は高潮への注意も呼びかけている。