鈴鹿市役所 三重とこわか国体 カウントダウンボード設置

【1階ロビーに設置されたカウントボード=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】令和3年の三重とこわか国体・三重とこわか大会に向け、鈴鹿市実行委員会(会長・末松則子市長)は13日、同市役所に両大会のカウントボード1台を設置した。令和3年10月25日まで。

市民の関心や参加意識の高揚を図るとともに、開催機運を高める狙い。

高さ約157センチ、幅約101センチ、奥行き約60センチ。正面のボタンを押すとマスコットキャラクター「とこまる」の人形が回り、イメージソング「未来に響け」が流れる。

4月に鈴鹿高専に製作を依頼し、学生6人の開発チームが約4カ月かけて作った。製作費は約30万円。

同実行委では「たくさんの来庁者に見てもらい、関心を深めてもらいたい」と話していた。