熊野市・南牟婁郡ブロックを分離 自民党三重県地方議員連絡協議会が総会

【熊野市・南牟婁郡ブロックの分離を承認する自民党県地方議員連絡協議会=津市桜橋2丁目で】

自民党三重県地方議員連絡協議会は10日、津市桜橋2丁目の県歯科医師会館で総会を開き、協議会内の地域ごとの組織体制について、熊野市・南牟婁郡ブロックを熊野市ブロックと南牟婁郡ブロックに分離すると決めた。市町議の予定が合わず、同じ地区ブロックで活動するのが難しいと判断したため。

4月下旬に南牟婁郡の町議らから熊野市と南牟婁郡の地区ブロックを分離したい旨の申し出があり、今月、熊野市議らから了解を得た。熊野市ブロック長には熊野市の山本洋信市議、南牟婁郡ブロック長には紀宝町の榎本健治町議が就任する見通し。

同協議会はこのほか、地方創生の実現や議員同士の連携強化を目指す本年度の活動方針案や予算案など6件を承認。総会には三ツ矢憲生県連会長や吉川有美参院議員らが来賓として出席した。