建設残土の現場視察 県議会委員、大量に驚き 紀北町 三重

【建設残土が積まれている現場を訪れた環境生活農林水産常任委員ら=紀北町長島加田で】

【北牟婁郡】三重県議会環境生活農林水産常任委員会(谷川孝栄委員長)は9日、県外から建設残土が運ばれている紀北町内の現場を視察した。

現場は同町長島加田地区の熊野古道・一石峠登り口付近と同町東長島坂ノ谷の2カ所。現場は町職員らが案内した。

町によると、町内には8カ所建設残土が積まれており、うち2カ所は現在も残土が搬入されている。

視察した委員らからは「崩れないように見守っているだけなのか」「崩れたら持ち主にお願いできるのか」などの質問が出た。

町の担当者は「基本的には地権者に対応してもらうが、緊急の場合は町の方で手をつけないといけないことも考えられる」と話した。

谷川委員長は視察後の取材に「すごい量に驚いた。次々に搬入されることが続き、住民の不安がよく分かった」と述べた。「県土砂条例(仮称)」の内容をまとめた中間案については「住民の不安を取り除くことが一番。今後も議論していきたい」と話した。