小学生がアナウンサー ケーブルテレビの亀山市行政番組

【番組の収録をする(右から)槇野さんと豊田さん=亀山市関町木崎の関支所内スタジオで】

【亀山】ケーブルテレビ「ZTV」(三重県津市)が放送する亀山市の行政情報番組「マイタウンかめやま」の夏休み企画として、6人の小学生がアナウンサーを務める。放送は16日から9月5日までの3週間。午前6時―同零時まで、30分番組として繰り返し放送し、毎週金曜に更新する。

夏休みの思い出作りに加え、市に愛着を育んでもらおうと実施。2人1組で地域の身近な話題やイベントなどを紹介する。「夏休みの思い出コーナー」では、思い出の写真を提供し、自らが作った文章をナレーションとして吹き込む。

6人のうち、市立亀山東小6年の槇野凉太さん(12)と同小5年の豊田真央さん(10)は8日、同市関町木崎の関支所内スタジオで、16―22日放送分の番組を収録した。

アナウンサーに興味のある槇野さんは「緊張した。言葉をはっきりゆっくり話すように心掛けた」と語った。豊田さんは「初めての経験でしたが、笑顔を忘れずできた」と放送を楽しみにしていた。