松阪・スケートパーク 来園者1万人を達成 三重

【スケートパーク来園1万人目の宮本君(左から2人目)に記念品を渡す竹上市長(左)=松阪市山下町で】

【松阪】三重県松阪市山下町の市総合運動公園スケートパークは8日、来園者1万人を達成した。

1万人目の中学1年生、宮本日紫里さんは「初めてここに来て、1万人目と聞いて驚きました。うれしかったです。今日は楽しみます」と喜び、竹上真人市長から記念品の特産松阪牛1万円相当を受け取った。

同パークは4月2日、県初の公共スケートパークとして開場した。面積4730平方メートル。約2億7千万円かけた。国際大会ができる競技エリアや、湾曲したくぼ地を組み合わせたプールエリアなど3区画あり、初心者からプロボーダーまで楽しめる。