韓国主張「筋通らない」 三重県知事、日本の輸出管理強化で

【定例記者会見で、韓国側の対抗措置を批判する鈴木知事=三重県庁で】

鈴木英敬三重県知事は8日の定例記者会見で、日本政府による韓国への輸出管理強化について「(韓国が)対抗措置を主張するのは全く筋が通っていない。過剰な主張は、いかがなものか」と韓国側を批判した。

鈴木知事は会見で、経済産業省の職員時代に輸出管理を担当したと紹介。「戦略物資が危険な国に渡り、兵器などに使われるのではとの情報を受け、ある国や日本の会社に厳格な対応をした」と振り返った。

その上で、今回の輸出管理強化も「そういった事案があったので粛々と(韓国を)ホワイト国から外し、個別許可にしたと思う。(韓国が)対抗措置を主張するのは全く筋が通っていない」と批判した。

また、政府の輸出管理に道筋を付けたのは、県選出で衆院議長を務めた故田村元氏だったことも紹介。「先人のことを思えば輸出管理を厳格にするのは当然。行政として通常のことだと思う」と述べた。

一方で「草の根の交流は続ける必要があると思っている」と説明。「県関係で中止などの対応をした日韓関係の取り組みはなく、民間や市町の交流事業でも中止などの情報は把握していない」と述べた。

輸出管理強化が県内経済に与える影響については「輸出を禁止するものではなく、手続きがしっかりしていれば可能。県内企業にヒアリングをしているが、経済に大きな影響はない」との認識を示した。