「甲子園で優勝を」 大阪・兵庫三重県人会 津田学園野球部を激励

【佐川監督へ激励品の目録を渡す大阪三重県人会の村田会長(左から5人目)ら=兵庫県伊丹市の伊丹シティホテルで】

大阪三重県人会(村田吉優会長)と兵庫三重県人会(和手甚京会長)は5日夕、第101回全国高校野球選手権大会に県代表として出場する津田学園を激励しようと同校が宿泊する伊丹シティホテルを訪れ、佐川竜朗監督や竹内啓部長、石川史門主将を激励した。

両県人会の関係者や県関西事務所の中嶋中所長らが出席。同校への激励品として、井村屋グループの「スポーツようかん」が贈られ、村田会長が佐川監督に目録を贈呈した

村田会長は「春夏連続出場おめでとうございます」と祝福し、「春の経験は大きい。一戦一戦しっかり戦って優勝を勝ち取ってほしい」と激励。

石川主将は「春負けた悔しい思いがある。一戦必勝で校歌を歌いたい」と話し、佐川監督は「チームの状態はいい。全員で力を合わせて頑張りたい」と活躍を誓った。

同校野球部は7日の第2試合で、静岡県代表の静岡高校と対戦する。