津市の魅力、癒やしでお届け 東京の三重テラスでイベント

【癒しの空間のなかでかき氷を食べる来場者ら=東京都中央区の三重テラスで】

津市の文化や観光などの魅力を発信する「つデイ」が7月31日と8月1日の両日、東京都中央区の三重テラスで開かれ、津市高野尾町の赤塚植物園が協力した。

約620人が来場した会場は、タイタンビカスなどの夏の植物で彩られた。同社で販売している健康飲料パイロゲンを使ったシロップをかけたかき氷の試食や同市美杉地域産のお茶の振る舞いもあり、涼を求めに来た来場者はひとときの癒やしを堪能していた。

埼玉県から来たという40代の女性は、「暑い日のかき氷は大変ありがたかった。パイロゲンもおいしかったので、取り寄せてみたい」と話した。

同社の森定昌代社長は「今後も津市と連携して地域貢献に取り組んでいきたい」と語った。