原爆投下の惨状、生々しく伝える 紀北町でパネル展 三重

【原爆投下の惨状を伝えるパネル展=紀北町東長島の東長島公民館で】

【北牟婁郡】三重県紀北町東長島の東長島公民館で1日、原爆投下の惨状や核兵器の恐ろしさを伝えるパネル展(同町主催)が始まった。15日まで。

パネル展では、10歳で原爆孤児となり、ヘビやカエルを食べて飢えをしのいだ男性の証言のほか、平和を訴えるメッセージなど計17点(横52センチ、縦73センチ)の絵画や写真パネルが並び、原爆の被害を生々しく伝えている。

開館時間は午前8時半―午後5時。月曜休館。