松阪市 交通死亡事故多発警報を発令 死者数昨年の1.5倍に 三重

【松阪市交通死亡事故多発警報を発令する竹上市長=松阪市役所で】

【松阪】三重県松阪市は30日、交通死亡事故多発警報を発令した。6月19日に交通死亡事故多発注意報を出したが、7月28日に市内国道でバイクと乗用車が衝突してバイクの夫婦が亡くなる事故が発生したため。期間は8月31日まで。

同市では交通事故で今年9人亡くなり、昨年1年間に死亡した6人の1・5倍に上っている。警報発令は平成27年12月22日以来で、6回目となる。

発令を周知するためのぼり旗やポスターを市役所や公民館などに掲げる他、新たに32ある交通安全サポート事業所にも掲示する。市ホームページやFM三重などで啓発していく。

竹上真人市長は「本当に残念。交通死亡事故が多発している状況をまず知ってもらうことが大事。これ以上犠牲者を増やさないため交通安全の意識を高めてほしい」と呼び掛けた。