松阪 従業員の健康づくり応援 健保三重支部がセミナー

【協会けんぽ三重支部の健康経営セミナー=松阪市若葉町の松阪商工会議所で】

【松阪】全国健康保険協会(協会けんぽ)三重支部は30日、松阪市若葉町の松阪商工会議所で従業員の健康管理を経営の視点から考える「健康経営セミナー」を開き、約50人が参加した。

真柄欽一支部長は「企業を支える働き盛りが発病すると事業活動に影響を与える。健康づくりを応援したい」とあいさつ。

県内の健康経営優良法人に認定された事業所や働き方改革を進める企業が取り組みを紹介。同市大津町の宇野重工の宇野雄介常務は「従業員にそれぞれ年度健康目標を記入してもらっている。私は禁煙を全く達成できず減煙を目標にしている次第」「健康診断の受診率は100%。糖尿病など生活習慣予防検診は会社が半額を負担している」と説明した。