拡大防止へ協力求める 三重県知事、豚コレラで町長らに

鈴木英敬三重県知事は30日、自治会館で開かれた町村会の定期総会で、県内で発生が確認された豚コレラについて「どうか町長の皆さんも協力いただきたい」と述べ、町長らに感染拡大の防止で協力を求めた。

鈴木知事は今回の事案を「いなべ市に豚の埋却地を提供してもらい、住民への説明会もしっかりやってもらった」と振り返った上で「防疫措置は基礎自治体の協力なくしてはできないと痛感した」と説明した。

その上で「次なる感染の阻止や打撃を受けた農家への支援、風評被害対策に力を入れる」とした上で「秋に向けてイノシシの活動範囲が増える。感染につながる行為の防止に協力いただきたい」と呼び掛けた。