東海地方で梅雨明け 昨年より19日遅く 三重

津地方気象台は28日、東海地方で梅雨明けしたとみられると発表した。東海地方での梅雨明けは平年より7日遅く、昨年より19日遅いという。

同気象台によると、梅雨入りを発表した6月7日から今月27日までの降水量は平年より多く、津530・5ミリ▽四日市604・5ミリ▽上野406・5ミリ▽尾鷲は1281ミリだった。