津の空彩る1万発超 花火大会、15万人を魅了 三重

【海上に打ち上がる花火=津市阿漕浦海岸で】

【津】大正時代から続く津市の夏の風物詩「津花火大会」(同実行委員会主催、伊勢新聞社後援)が28日夜、同市津興の阿漕浦海岸であった。約1万1500発を海上から打ち上げ、来場者約15万人(主催者発表)を楽しませた。

昨年初登場し好評だった青色のスターマインを今年も打ち上げ、津の空をマリンブルーで彩った。2隻の船から百発連続で打ち上げると、夜空一面に花火が広がり来場者らを魅了した。

フィナーレに金銀の花火が舞い上がると盛り上がりは最高潮に達し、来場者らから拍手が沸き上がった。