三重大,次期病院長に伊佐地副病院長を選出

三重大はこのほど、医学部付属病院の伊藤正明病院長(64)の任期満了(9月30日)に伴う後任に、伊佐地秀司副病院長(66)を選出した。就任は10月1日付。任期は通常3年だが、規定により伊佐地氏が68歳を迎える年度末の令和四年3月31日まで。

三重大によると、伊佐地氏は昭和54年3月に同大医学部を卒業し、60年7月に同大で医学博士号を取得した。専門は肝胆膵・移植外科学。平成19年12月に同大院医学系研究科の教授に就任し、23年4月から現職。県医師会理事なども務める。