地元TSRは7位、KYBは10位 鈴鹿8耐公式予選

【公式予選で疾走する各チームのマシン=鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキットで】

【鈴鹿】「鈴鹿8時間耐久ロードレース」は26日、鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキットで公式予選があった。市内を拠点に活動する「F.C.C.TSR Honda France」が七位、「KYB MORIWAKI RACING」が十位に入り、上位十チームでポールポジションを競う27日の「トップ10トライアル」への出場を決めた。

66チームが参加し、各ライダーのベストタイムの平均を競った。1位は「YAMHA FACTORY RACING TEAM」、2位は「Kawasaki Racing Team Suzuka 8H」、3位は「Red Bull Honda」。

市内チームの「Honda Suzuka Racing Team」は12位だった。

会場内で台風6号の接近に伴って27日の一部イベントを中止するほか、鈴鹿商議所青年部が主催する「バイクであいたいパレード」や関連イベントも中止が決まった。