キャッシュカード詐欺被害 松阪の80代女性 市役所職員や行員名乗る男 三重

【松阪】松阪署は25日午前11時ごろ、三重県松阪市の無職80代女性がキャッシュカード1枚をだまし取られる特殊詐欺事件が発生したと発表した。

同署によると、同日午前9時半ごろ、女性方の固定電話に市役所職員を名乗る男から「医療費の還付金があります。カードが古いので振り込みできません。銀行に問い合わせてみます」と連絡があった後、銀行員のマツモトと名乗る男から「振り込みをするのに令和のカードに替えないといけません。こちらで手続きをします」と電話があった。女性宅を訪れた男にキャッシュカード1枚を手渡し、だまし取られた。

同署はうその電話がかかってきた時は、だまされたふりを続け、警察に連絡するよう呼び掛けている。