19種の小動物と触れ合おう 津松菱でイベント 三重

【白いニシキヘビに触る来場者=津市東丸之内の津松菱6階で】

【津】三重県津市東丸之内の津松菱は24日、同店6階催事場で19種類の小動物を間近に感じる「ふれあい動物園」(伊勢新聞社後援)を開いた。モルモットやハムスターなどのほかニシキヘビやフクロウなど日頃間近で見る機会の少ない品種もおり、親子らが直接触れて楽しんだ。8月5日まで。

夏休みの家族向けイベントとして初めて開催。来場者はモルモットを膝に乗せてなでたりハムスターをそっと持ち上げたりしてかわいがった。白いニシキヘビや体長40センチほどのトカゲ、フクロウなどに触れられる時間もあり「つるつるしてる」「すごくふわふわ」などと歓声を上げていた。

市立南立誠小5年の高村凛花さん(10)は「トカゲは硬そうだったけど触ったら柔らかくてむにゅっとしていた。見たことのない動物がたくさんいてうれしかった」と感想を話した。

入場料は中学生以上600円、小学生以下400円。会期中クイズや写生大会がある。