車で鈴鹿観光、スマホにスタンプ 「すずラリー」始まる 三重

【ドライブスタンプラリー「すずラリー」をPRする市職員=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市はこのほど、モータースポーツ都市宣言15周年記念事業の一環として、スマートフォンを使ったドライブスタンプラリー「すずラリー」を始めた。12月15日まで。モータースポーツをはじめとするイベントをPRするとともに、市内の観光周遊ルートの確立と各施設やイベントへの集客を促すことが狙い。

JAFの協力を得て実施。F1日本グランプリ地域活性化協議会のホームページに掲載するQRコードから参加登録し、市内の観光名所5カ所に設置したスタンプ用のQRコードを読み取り、スマートフォンの画面上にスタンプを押印する仕組み。スタンプの数に応じて抽選でプレゼントが当たる。

スタンプ設置箇所は鈴鹿サーキット、椿大神社、鈴鹿PA、市伝統産業会館、鈴鹿バルーンフェスティバル(11月22―24日)。

商品はいずれも市の特産品。スタンプ5個で鈴鹿サーキットモートピアパスポートペア招待券3人など計4人、スタンプ3個で伊勢型紙小紋Tシャツとフォトフレームが3人など計15人。

地域資源活用課では「初めての取り組み。スマホでで手軽に参加できるのでぜひ挑戦してほしい」と話していた。

問い合わせはJAF三重支部=電話059(222)2300=へ。