津 浄水場の金具盗まれる 被害額33万円 三重

三重県は22日、津市一志町高野の高野浄水場で、資材倉庫から水道管の補修に使う金具2点が盗まれる被害があったと発表した。同日、津南署に被害届けを提出した。同署が窃盗事件として調べている。

県によると、同日午前1時20分ごろ、浄水場の警報機が鳴った。委託業者が監視カメラで確認したところ、倉庫付近で不審者1人と軽トラック1台が映っているのを発見。約1時間後に一一〇番した。

同日午前8時半ごろ、署員が現場検証したところ、資材倉庫を囲うフェンスの有刺鉄線が切られ、門扉の鍵が壊されていた。資材倉庫からは補修用の金具2点が盗まれていた。被害額は約33万円。浄水場の水質に異常はなかった。

県は四日市市と多気町にある水道事務所の資材倉庫でも同様の盗難被害がないか臨時で点検する方針。不審者の発見から通報までに1時間もかかったことから、浄水場の委託業者に対し、対応マニュアルの徹底を求める。