選挙区用紙を二重交付 南伊勢街、1人に 三重

【度会郡】三重県の南伊勢町選管は21日、同町大江の公民館に設けた参院選の投票所で、有権者1人に対し、選挙区の投票用紙を比例代表の投票用紙と取り違え、選挙区の投票用紙を2枚交付するミスがあったと発表した。

町選管によると、この有権者は特定できていない。比例代表の投票は無効票になる。投票所の担当者が同日午前8時ごろ、投票用紙の残数を確認し、用紙の取り違えに気付いた。選挙区と比例代表で数が異なっていたという。

選管の担当者は「当日有権者数が少ない投票所のため、職員が2人しかいなかった。同じ職員が1人で選挙区と比例代表の投票用紙を有権者に交付していたため、取り違えたとみられる」と話した。