参院選三重選挙区 芳野氏「私の力不足」 訴え浸透できず、敗因分析

津市柳山津興にある芳野氏の事務所では午後10時ごろ、吉川氏当選確実の一報が入ると、集まった支持者から、ため息が漏れた。間もなく事務所を訪れた芳野氏は「何よりも私自身の力不足が一番の原因だと思っている」と述べ、深々と頭を下げた。

芳野氏は「私の思いを多くの皆さんに届けようと回ったが、浸透しきれなかった」と選挙戦を振り返った上で「このことを糧に、しっかりと取り組みたいと思っている。選挙活動を支えていただいた皆さんに、あらためてお礼を申し上げたい」と語った。

芳野氏を擁立した三重民主連合の中川正春会長は「芳野の訴えを、戦略的に浸透させることができなかった。新人を広げる戦略が足りなかった」と総括した。選対委員長の岡田克也衆院議員は「いろんな反省はあるが、前を向いて力を合わせて頑張る」と話した。

この後、報道陣の取材に応じた芳野氏は、政治家としての今後について「まだ分からない。まずは結果を受け止めることが必要。この先のことは全く分からない」と説明。県議会に戻る考えがあるかと問われると「それはないと思う」と語った。